ナビ電源最適化。

miniUSBの接触不良を解消するべく、3台目のナビ「ゴリラ CN-GP550D」の導入に踏み切ったのが昨年の9月



これでようやくナビ不良問題から脱却できると思ってましたのに、活躍してくれたのは実質九州ツーリングの時だけと言っていいぐらい。



走り出してもすぐに電源が落ちて初期画面の表示を繰り返し、とても使いものになりません(-_-;)



さすがに3回目ですから、「ひょっとして電源側に問題あり?」



と、疑問に感じ始めたものの、まさかディーラーで付けてもらった配線が原因だとは信じ難く、すぐには次のステップに進めませんでした。(←単に放置してただけとも言う(^_^;))



しかし、バイクシーズンを迎えるにあたりようやくナビ電源の再構築を図ることに。



これと
bikemain_ns003.jpg
画像はメーカーHPより借用



これを
WEB-116.jpg
画像はメーカーHPより借用



ポチッとするまではよかったんですが、さて配線をどうするか?



もちろんACCから電源を取るのが定石なのは判っております。ですが、十分な電力(ゴリラは消費電力1.2A)を供給するのに、どの配線から分岐させるのがいいのか判りません。そして、うかつに配線を分岐させるとBMWは漏電と判断してエラーとなることがあるらしい(-_-;)



そんな理由から選んだ取り付け方法は・・・バッ直!



ええ、プラス線とマイナス線をバッテリーに直接繋いでやりましたよ(笑)



エネルギーを取り戻したゴリラナビは元気に復調し、先日のプチプチランチツーでは問題無く使用できました(^_^)v



奥様にはエンジン停止毎にUSBケーブルを抜く事をお願いし、これで一件落着のはずでした。



ところが気になってもう一度調べてみると、USBケーブルを外しても消費電力がゼロになる訳ではないみたい。



12V→5V変換を常に行っているので、微量な電流が流れ続けているとのこと。



最近は1ヶ月ぐらい乗らないことも珍しくないので、「さあ、出掛けよう!」って時に電圧不足で始動不能っててことにもなりかねません。



それに気づいてからは調べに調べました。(←先にバッ直を外せよ(笑))



昔、軽四にベンツホーンを付けようとして、スカみたいな音しか鳴らず(笑)、解消するにはリレーが必要と知り合いから教わりましたが、言葉の説明ではどうしても理解できませんでした(苦笑)



ほんとネットって便利ですね。写真や図解入りで説明されているサイトを熟読し、ようやく理解できましたよ(^_^)



追加購入品はこんな感じ
1245_L.jpg

M259_L.jpg

B138_L.jpg
画像はメーカーHPより借用



20年以上ぶりのギボシ端子の圧着作業は楽しかったです(笑)



リレー起動用の配線を、当初は電熱ジャケット用の配線(これもディーラー施工)から取るつもりが、配線を辿ってみると・・・まさかのバッ直判明orz



いくら電熱ジャケットを繋いだままバイクから離れる可能性は少ないとはいえ、ちょっとアレですよね(−_−#)



気を取り直して第2候補のETCの配線を確認しますと、「ここにお繋ぎ下さい。」と言わんばかりにギボシ端子で接続してある箇所を発見。



Y型接続端子を間に挟んで分岐できましたので、結局バイク側の配線はどこも傷めることなく作業が完了できました(^_^)v



もちろん、キーON/OFFに連動して問題無くナビも連動。



出来上がってみればあっけないぐらい簡単でしたので、これならもっと早くやってあげたらよかったかも(苦笑)


DSC_0111ブログ用



で、詳しい方に質問です。



・ボディアースが面倒で、全てバッテリーのマイナス端子に繋いだのは問題あり?



・バッテリーからの電源用プラス線にはもちろんヒューズを入れてますが、リレー起動用プラス線にはヒューズ無しでも大丈夫?



すきやきさん、コメントお待ちしておりますm(_ _)m

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
↑みなさまのワンポチをお願いしますm(_ _)m
スポンサーサイト
プロフィール

ルーキー

Author:ルーキー
中型を極めた訳でもないのに、大型免許をとり、172馬力も必要ないのにFirebladeに乗る男です。

FC2カウンター
カテゴリ
カレンダー
03 | 2016/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
リンク
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR